ごく一部の人たちの話

よく看護師の給料が600万円というような印象を持っている人がいるかもしれませんがそれはごく一部の人たちの話なのであまり真に受けないほうが良いのではないかと思います。そんなに貰えるのであればきっとみんなが看護師なりたがるでしょう。

実際にはかなり高度な技術をもっている人がそういう待遇を受けているようですから普通の人では400万円くらいになるのではないでしょうか。これに関しては首都圏なのか地方なのかによっても変わってくるのかもしれませんが。

特に専門的な資格を持っている人というのはかなり優遇されるそうです。それだけ医療の現場で必要とされる人材だということですから当然かもしれません。しかし、その資格を取るにも並大抵の努力では足りないのではないかというのが実際のところですよね。

それから助っ人として離島などに呼ばれる人も高給与をもらっているように感じます。人材が不足している現場では何よりも人手が必要ですから悪条件の土地でも大丈夫だという人はとういった仕事に挑戦してみるのもありだと言えるでしょう。

一般的なほかの職業と比べると確かに金銭的には恵まれているのは間違いありません。女性の給料ランキングなどを見てもやはり看護師は上位に来たりしていますからね。その分だけストレスが溜まるということもあるのかもしれませんけど。

何より再就職がしやすいというのはかなり魅力だと思います。一度出産などによって職場を離れてしまうと一般職などでは復帰するのが難しくなってしまうのですが看護の資格があるのであれば割と簡単に復職することもできたりしますからね。